top of page

2023.FEBRUARY


・はーるよ、来い。・


節分の頃って、光と暦は春モードですが、実は寒さは最も厳しい時期。

まだまだ、油断はできません。

皆さん、身体も心も温まる美味しいごはんをしっかり食べて寒さとコロナを乗り切りましょうね。

こんな時は何はともあれ、とろとろのあんかけでしょ!

出汁におろしショウガと小口ねぎ、片栗粉を少々加えてかき混ぜながら沸騰させます。

とろみがついたら塩コショウと醤油をタラリ。

そこへ余ったそうめんを加えます。

再度沸騰させたら、熱々にゅうめんの出来上がり!

寒ーい日の、お夜食に。

溶き卵を加えたら栄養満点。

柚子胡椒やラー油でアレンジもしてみてね。 受験生の皆さん!もう一踏ん張り、がんばれー!






 

今月のRelish食堂



今年に入ってからの寒波で少し暖かい日があるとほっとしますが、2月こそ寒さ本番。

メインはミートローフとココナッツカレーシチュー。

体の芯まで染みわたるお出汁自慢のお味噌汁と一緒にお召し上がりくださいね。





【如月のお昼ごはん】


○ミートローフとココナッツカレーシチュー

○2種のお芋のマッシュポテト

○白菜のきのこあん

○菜の花と大根のきんかん味噌和え

○季節の野菜とお揚げのお味噌汁

○糠漬けと佃煮

○フルーツ寒天ゼリー

○五分づきごはん

○有機ほうじ茶



今月のひとさらレシピは旬の白菜をきのこ餡でおめかししたひとさら。

野菜をたっぷり取り入れて免疫補給。心もからだも元気に過ごしましょう。




白菜のきのこあん(作りやすい分量) 【材料】 白菜 1/8個 エノキ 1/2パック 舞茸 1パック おろしショウガ 適量 ごま油 大さじ1 A 出汁 1/2カップ 醤油 大さじ1 みりん 大さじ1 片栗粉 大さじ1/2 ① 白菜は食べやすい大きさに切って耐熱のバットに並べ軽く塩をふってしんなりするまで蒸す。 ② えのきは細かく切り、まいたけは手でほぐす。 ③ ②をごま油で炒めAを加えてとろみか出るまでかき混ぜながら煮る。 ④ ①に③をかけおろししょうがを添える。

 


Relish(料理教室と暮らしの雑貨店)

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光49番地

Tel.Fax 075-953-1292

営業時間 10:30~17:00(毎週土曜は9時~)

*土曜朝9時-11時まで前庭で山崎ビオマルシェを開催しています。

 11/12からビオマルシェがリニューアルしました!9時~11時の2時間の開催となります 。

定休日 毎週月休(祝日・10日は営業)月祝の翌日休 夏期・冬期休業あり


Relish食堂 (オーガニックレストラン)

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田20-14-1F

TEL 080-2522-4468

ストアーズ予約 https://coubic.com/relishkyoto

営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:30) 定休日 毎週月曜(祝日は営業、翌火休)第2火曜 夏期・冬期休業あり





bottom of page