2022.OCTOBER


小さな秋


レリッシュの小道に差し掛かると正面の瓦屋根の真上に天王山がそびえています。

山の神がどーんと構えて下さっているかのように。

いつもそんなことを意識している訳ではないけれど、ふとそうした安心感が私を支えてくれている気がするのです。天王山は私にとってとても心強い存在です。


春夏秋冬、そこに変わらずある景色。

その中でも、やはり秋は格別です。

なぜなら、色とりどりの木々の葉が毎日表情を変えてくれるから。

クラシックな美術館への道中は秋の風が通り抜け、かわいい木の実があちらこちらにころがっています。


長かった夏もやっと終わり、これから寒ーい冬までの少しの期間、大山崎はとても賑わいます。

ぜひ、秋の大山崎へ小さな秋を見つけに足をのばしてみませんか。

猛暑とコロナで疲れた心を澄んだ空気と色づく景色がきっと癒してくれるはずです。






 


今月のRelish食堂






【神無月のお昼ごはん】

○秋鮭のグリル〜きのこクリームソース〜

○ミックスキャベツとりんごのサラダ

○蒸しかぼちゃのひじきそぼろ和え

○すだち大根

○季節の野菜とお揚げのお味噌汁

○糠漬けと佃煮

○フルーツ寒天ゼリー

○五分づきごはん

○有機ほうじ茶



秋といえば鮭。

とろ~りとしたきのこのソースをたっぷりかけていただきます。


今月はかぼちゃを使ったひとさらレシピをご紹介します。







蒸しかぼちゃのひじきそぼろ和え


<材料>作りやすい分量

かぼちゃ 1 /8個

鶏ひき肉 100g

乾燥ひじき 3g


ごま油 少々

しょうがみじん切り1/2片分

Ⓐしょうゆ・さとう・みりん 各大さじ1



<作り方>

① かぼちゃは一口大に切ってやわらかく蒸す。

② ひじきは水でやわらかくもどし長ければ切る。

③ ひき肉としょうがをごま油で炒め、色が変わったら②を加えⒶをまぜて味をととのえる。

④ ①と③をフライパンの中でからめる。




 


Relish(料理教室と暮らしの雑貨店)

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎竜光49番地 Tel.Fax 075-953-1292

web site www.relish-style.com instagram https://www.instagram.com/relish_kyoto

営業時間 10:30~17:00(毎週土曜は8:30~)

*土曜朝8:30-9:30まで前庭で山崎ビオマルシェを開催しています。

定休日 毎週月休(祝日・10日は営業)月祝の翌日休 夏期・冬期休業あり




Relish食堂

〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田20-14-1F

TEL 080-2522-4468

Instagram https://www.instagram.com/relish.shokudo

ストアーズ予約 https://coubic.com/relishkyoto

営業時間 11:00~15:00(ラストオーダー14:30) 定休日 毎週月曜(祝日は営業、翌火休)第2火曜 夏期・冬期休業あり




閲覧数:211回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022.AUGUST